ホーム

学校概要

千代中アルバム

行事予定

学校だより

リンク集

メール

ガイドライン

学校携帯サイト

ガイドライン  
 Ⅰ コンピュータ・ネットワークガイドライン
 Ⅱ いじめ防止基本方針
 千代川中学校コンピュータ・ネットワークガイドライン

                                             平成14年4月8日施行
                                             平成17年5月1日一部改訂
                                             平成21年4月1日一部改訂


 このガイドラインは,下妻市立千代川中学校のコンピュータ・ネットワークの利用についての必要な事項を定め,生徒や教職員が適切に利用し,普段の学習におおいに活用するための校内規定である。

学校ネットワーク管理運営組織について
(1) 総括責任者(学校長)
 学校長は,総括責任者として学校ネットワークを経由する情報の発信・受信の形態及びその内容に関して方針を立て監督を行うとともに,その職務を補佐または委任するための管理体制を組織する。
(2) ネットワーク管理者
  学校ネットワーク管理は,学校長,教頭,教務部,情報教育研究部があたるものとする。
ネットワーク利用に関する規定について
 この規定は,本校においてコンピュータ・ネットワークの利用にあたり,従うべき事項を定めたものである。本校は,インターネット及びイントラネットの利用に際し,以下に定める規定に基づき,運用するものとする。
(1) ネットワーク利用の原則
  本校においてコンピュータ・ネットワークを利用するにあたっては,生徒の情報活用の実践力の育成を図り,開かれた学校の推進,国際理解教育の推進,総合的な学習の推進等,様々な教育活動の推進に寄与するよう努めなければならない。
 インターネットの利用は,原則として学術研究及び教育を目的とするものに限る。
 インターネットの利用にあたって,次の各行為は禁止とする。

ア 個人情報保護及び著作権等の法令に定める権利の侵害
イ ネットワークの運用に支障を及ぼすような行為

ウ 他人を中傷,訴称する行為
エ 営利を目的とした行為

オ その他法令及び社会慣行に反する行為

  ③利用者がこの規定に反した場合は,ネットワーク管理者はその利用を停止または禁止することができる。

(2) 本校のネットワークを利用できる者は,次にあげる者とする。
  本校生徒
  本校教職員
  本校と提携して学術活動を行う者
  本校卒業生,保護者などで利用の必要性を認めた者
(3) インターネットの主な利用形態
インターネットの主な利用形態は,以下に定めるものとする。
情報発信及び受信
   特別活動や各教科での学習事項のまとめ等を学校のWebページに発信すると同時に,意見などを受信する。
情報検索・収集
   学習に関連する情報を検索・収集する。また,関連する質問を送り,回答を得る。
教材作成
   授業で活用できる画像データや文書データを収集・加工して,教材づくりに活用する。しかし,その際は十分に著作権に配慮しなければならない。
ホームページ作成・公開について
(1) 作成内容について
公開する内容は,原則として学校長並びにネットワーク管理者の承認を必要とする。ただし,作成者により,公開する 内容に問題がないと判断される場合には,画面上のチェック程度とする。
本校の教育活動についての理解を促すための,学校・学年・部活動等の活動内容の公開を基本とする。
情報公開にあたっては,以下の項目にあげる指導上知り得た秘密の遵守,個人情報の保護等に関して,十分配慮する。
①公開しないもの
・公的な帳簿及びその写し等の,公開されていないもの
 (成績,健康診断等)
・個人情報保護の侵害となるおそれのあるもの
 (住所,電話番号,生年月日,実名,個人写真等)
状況によっては公開するもの
・生徒写真,ただし個人名が特定できないものに限る。 
  (学級の集合写真や校外学習,学級紹介,行事,委員会活動,部活動等)
公開にあたって,保護者の承認および,生徒本人の承諾により公開するもの
・生徒作品(絵画,工作など)
 ※公開されたデータによってトラブルが生じた場合は,ネットワーク管理者が協議し対処する。協議の内容は,職員会議等で明らかにする。
(2) リンクについて
  リンクできるサイト
・公的機関
 状況によりリンクできるサイト
ページ作成者(生徒は除く)により教育的に有用と認められるサイト
 リンクしないサイト
・上記①・②に該当しないサイト
(3) 著作権
各ページの著作に関しては,全て千代川中学校は有するものとする。
(4) その他
 作成ページに関しては原則として,作成年月日,作成者氏名または組織名等,その著作責任者を明示すること。
電子メール等の利用について
 ここでの電子メール等とは,電子メール,掲示板,チャット,ネットミーティング,メーリングリストへの参加を含ん だ呼び名とする。
(1) 生徒の電子メール等の利用については,授業中の使用,授業に関連する使用を原則とし,それ以外の使用についてはネットワーク管理者の承認を必要とする。
(2) メールのユーザーID,パスワードはネットワーク管理者が発行・管理する。
(3) 生徒の利用時は,担当教職員の監督の下で行うものとする。
(4) 電子メール等の利用にあたって,次にあげるものは禁止とする。
ユーザーIDの校外への譲渡,貸与
パスワードの校外への開示
個人情報保護及び著作権等の法令に定める権利を侵害すること
ネットワークの運用に支障を及ぼすこと
他人を中傷,詐称すること
営利を目的とすること
その他法令及び社会慣行に反すること
(5) 利用者が上記の禁止事項に反した場合は,ネットワーク管理者はその利用を停止または禁止することができる。
セキュリティについて
(1) ファイヤーウォール
インターネットへの外部からの違法な侵入を防ぐための手段を必ず講じること。
(2) 個人情報のセキュリティ
個人情報を保管するときは,ネットワーク用ファイルサーバに保管するものとし,コンピュータの内蔵ハードディスク及び外部記録媒体(USBメモリ,外付けハードディスクドライブ,CD-R,DVD-R等をいう。以下に同じ。)に保存してはならない。ただし,校内管理責任者が教育活動,学習活動等のために必要があると認めるときは,パスワード保護機能を有する外部記憶媒体に保存することができる。
(3) コンピュータ・ウィルス
常にコンピュータ・ウィルス(コンピュータシステムの動作を妨害する目的で作成されたプログラムをいう)等の発見,駆除及び予防に努めなければならない。
(4) フィルタリング,レイティング
生徒による有害情報の閲覧を防ぐため,インターネットへ接続するコンピュータ及びサーバには,有害情報を遮断するフィルタリング等の手段を必ず講じること。
(5) 教師の指導
インターネットの特性を考慮し,教育上有害な情報の取り扱い等の指導を徹底する。また,ネットワーク上のエチケット(ネチケット)についても機会を設けて指導を継続していくこと。
<必ず指導しなければ禁止事項>

・チェーンレター(不幸の手紙のようなもの)の禁止。
・フレームメッセージ(激情的なメッセージ)を出さない,応えない。
・個人情報(名前,住所,電話番号,生年月日,メールアドレス,写真等)への配慮。
・広告行為・物の売り買いの禁止。
・リムーバルディスクやソフトウェア使用の制限(USBメモリやCD-Rに入ったファイルを開いた瞬間にウィルスに感染する例がある。千代川中学校の全ネットワークが破壊されてしまう。)
・アンケートに答えたり,投稿したりすることへの制限。

<コンピュータ室利用上の注意>

1 原則として制服着用で利用する。
2 常に清潔を心掛け,手洗いなどをしっかりする。
3 無断で電源を入れない。
4 教師用コンピュータには触れない。
5 椅子に座ったまま移動しない。
6 使用後は,椅子,マウス,キーボード等を低位置に戻す。

ガイドラインの見直しについて
学校教育におけるコンピュータ・インターネット利用の進展に伴い,この校内規定に示した事項の見直しの必要が生じたときは,校内において十分な検討を経て,規定の見直しを行うものとする。


 千代川中学校 いじめ防止基本方針
                                                                             平成28年4月1日
                                                                        
1 いじめ防止のための基本的な考え方
(1) 千代川中学校いじめ防止基本方針策定の目的
  いじめは,いじめを受けた生徒の教育を受ける権利を著しく侵害し,その心身の健全な成長や人格の形成への重大な影響のみならず,生徒の生命や身体に重大な危険を生じさせるおそれがある。
  本校では生徒の尊厳を保持するため,いじめの防止・早期発見やいじめへの対処を組織的に実践していくためにこの方針を策定し,体系的・計画的に取り組むものとする。

(2) いじめの定義(「いじめ防止対策推進法」より)
  いじめとは,生徒に対して,当該生徒が在籍する学校に在籍している等当該生徒と一定の人的関係にある他の生徒が行う心理的又は物理的な影響を与える行為(インターネットを通じて行われるものを含む。)であって,当該行為の対象となった生徒が心身の苦痛を感じているものをいう。

(3) いじめ防止に関する基本理念
 ① いじめは全ての生徒に関係する問題であり,生徒が安心して学習その他の活動に取り組むことができるよう,学校の内外を問わずいじめの防止に努める。
 ② 全ての生徒がいじめを行わず,また,他のいじめを認識しながら放置することがないようにするため,日常的に学級や集団の中でいじめ問題に触れ,全ての生徒に対して継続的な働きかけをしていじめ防止に努める。また全ての生徒がいじめ防止について主体的かつ積極的に参加できるように留意する。
 ③ いじめを受けた生徒の生命及び心身を保護することが特に重要であることを認識し,定期的な調査はもとより,普段から些細な兆候も見逃すことがないよう,必要があれば家庭や関係機関と連携していじめ防止に努める。
(4) いじめ防止に向けた方針
 《いじめに対する基本認識と全関係者による対応》
 ① いじめは決して許されないことであるとともに,「どの生徒にも,どの学校でも起こり得るものである」ことを十分に認識して,教職員だけでなく,全ての関係者が連携して未然防止と解消にあたる。
 《早期発見・早期対応》
 ② 日頃から生徒が発する危険信号を見逃さないようにして,いじめの早期発見に努める。また,定期的にいじめのアンケート調査を実施するとともに,個人面談等を通して,生徒の悩みや保護者の不安を積極的に受け止める。
 ③ いじめを把握したら,全ての関係者が話し合い,いじめ対策支援委員会(校長・教頭・生徒指導主事・学年主任・担任・養護教諭等)を組織し,指導方針を共通理 解した上で役割分担し迅 速な対応を進める。
 ④ いじめられている生徒には「絶対守る」という学校の意志を伝え,心のケアと合わせて,登下校時や休み時間,清掃時間などの安全確保に努める。必ず保護者との連携を図り,対応策について十分に説明し,了承を得る。
 《いじめを許さない学校づくり》
 ⑤ 「いじめは人間として絶対に許されない」との意識を,学校教育全体を通じて生徒一人ひとりに徹底する。また,情報モラル教育の充実に努めるとともに,小中学校が連携を深め,継続的な指導と個に応じた支援を充実する。
 《いじめの未然防止》
 ⑥ 学級活動や生徒会活動による,いじめ防止等の活動へ全ての生徒が主体的かつ積極的に参加できるようにする。この活動を通して,互いに認め合い,支え合い,助け合う仲間づくりを推進し,いじめを生まない土壌づくりに全職員で取り組む。
 《学校,家庭,地域社会との連携》
 ⑦ 生徒一人ひとりを守り育てるために,学校や家庭,生徒の健全育成に関わる関係諸団体,機関等と連携し,情報交換と行動連携に努める。

2 いじめ防止対策の基本事項
(1) 基本施策
 ① いじめの未然防止を図る取組
  (ア)生徒指導体制への位置づけ
   生徒指導主事と各学年の生徒指導担当で構成される生徒指導部会を週1回実施し,生徒の現状を捉え,いじめの発見に努める。その情報をもとに,いじめの事案については「いじめ対策支援委員会」を開き,迅速かつ適切な指導・援助を行う。また,日頃より市教育委員会等の関係機関との連携を密に行っていく。


(イ)教育相談体制の充実
 ○チーム援助
  心配な生徒について生徒指導部会の情報をもとに援助チームを編成し,関わりやすい体制と本人が悩みを打ち明けやすい雰囲気を築く。さらに,緊急性のある事案については,即応できる体制で臨む。
 ○相互コンサルテーションの実践
  学級担任や部活動顧問,スクールカウンセラーなど,生徒に関わる立場が相互にスムーズな情報交換できるように体制を整備する。また,コミュニケーション能力の向上や人間関係の構築ができるよう学級活動等でソーシャルスキルトレーニングなどを通して支援する。
 ○スクールサポートセンターとの連携
  市スクールサポートセンターと常に情報交換し生徒の支援にあたる。また,教育相談員には生徒指導部会に参加してもらい,情報の共有化を図り,家庭訪問や電話連絡を通して,生徒や保護者に関わってもらうよう配慮する。
(ウ)人権・道徳教育等の推進
 ○集団の意識を高める教育の推進
   ・学級目標と組織づくり,望ましい人間関係を育てる学級活動
   ・学級の意欲を高める行事の工夫
   ・生徒会活動・学校行事の充実
   ・学校フォーラム実施
   ・いじめ防止標語募集
 ○人権教育の充実
   ・人の心の痛みを思いやることができるよう,生命尊重の精神や人権感覚を育むことができる取り組みを進める。
   ・人権週間では全学級で効果的な資料を活用し,人権教育を行う。
 ○道徳教育の充実
   ・道徳の授業研究(実態に応じた題材や資料の工夫,ゲストティーチャーを活用した授業の改善)
   ・道徳資料コーナーの充実
   ・自己を深く見つめさせるための「わたしたちの道徳」の活用
 ○自ら学ぶ意欲を育てる学習
   ・体験活動を取り入れた授業の展開
   ・コミュニケーション活動を大切にした授業の展開
(エ)教職員の資質能力向上
 ○いじめに関する研修
   ・いじめ理解研修
   ・いじめ事例研修
 ○生徒および保護者との関わり方の研修
   ・SCによるカウンセリング研修
(オ)保護者・地域との連携
○保護者との連携
    ・日常から連絡を密にして,学校や家庭での様子について情報交換する。
   ・情報交換が円滑に行われるよう,個別面談等を十分に活用する。
   ・学校便りやHPを利用して,学校の様子を公開する。
○地域との関わり
   ・小中連携のあいさつ運動(保護者・警察・青少年相談員と協力)
   ・警察(下妻市・県)との連携(非行防止教室・ネット上のトラブル防止)
   ・下妻市更生保護女性会・保護司との連携(非行防止教室)

② いじめの早期発見のための取組
  (ア) 定期的なアンケート調査
  (イ) チェックリストの活用
  (ウ) いじめ発見のポイントと基本的な流れに関する保護者への周知

(2) インターネットを通じて行われるいじめ防止
  情報モラル教育を推進し,違法な行動とは何かを知り,「違法だと分かった行動は絶対に行わない。」態度を身に付けさせる。
  ○ インターネット利用に関する「学校フォーラム」の実施
  ○ インターネット利用に関する「家庭のルールづくり」の実施
  ○ メディア教育講演会・非行防止教室等の実施
  ○ 携帯電話に関するアンケートの実施
  ○ 教科・領域での情報モラル教育の充実

3 その他

○ 相談機関リスト
 《いじめ・体罰解消サポートセンター(県西教育事務所)》
  筑西合同庁舎5F 筑西市二木成615
  ☎ 0296-22-7830   インターネット「いじめなくそう!ネット目安箱」へ

 《茨城県少年相談コーナー  keishonen@pref.ibaraki.lg.jp 》
  ☎ 029-301-0900

 《茨城県メデイア教育指導員》  学校・PTAでの講習会で学べる
   茨城県知事公室女性青少年課 青少年担当
   茨城県水戸市笠原町978-6
   ☎ 029-301-2183  FAX 029-301-2189

 《消費者ホットライン》  架空請求や高額請求などのトラブル
   ☎ 0570-064-370

《茨城県警サイバー犯罪相談窓口  hi-tech@pref.ibaraki.lg.jp 》
  ☎ 029-301-8109

 《ストップいじめ!ナビ - いますぐ役立つ脱出策  http://stopijime.jp/ 》
  ◆24時間いじめ相談ダイヤル 0570-0-78310
  ◆子どもの人権110番     0120-007-110
  ◆チャイルドライン(18歳まで) 0120-99-7777  16~21時 

  《筑西児童相談所》 
  筑西市玉戸1336-16
  ☎ 0296-24-1614

 《違法・有害情報相談センター》  学校を誹謗中傷するような書き込みの相談
  ☎ 03-5644-4800  http://www.ihaho.jp/

  《法務局・地方法務局 子どもの人権110番》
  ☎ 0120-007-110(全国共通)
  受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分
Copyright(c)2014 CHIYOKAWA Junior Hight School All rights reserved.